債務整理の費用はいくら?-料金相場・平均-安い方法はある?

債務整理の費用はいくら?-料金相場・平均-安い方法はある?

債務整理の費用はいくら?-料金相場・平均-安い方法はある?

借金問題を抱えている人の多くは、周りに相談もできずに一人で悩んでしまいます。
ですから、一人ではどうすることもできずに借金はどんどん膨らみ、どうしようもない状態までいってからやっと誰かにカミングアウトしたり、債務整理の相談に法律事務所を訪れたり、というケースが多いのです。

 

しかし、借金の返済のために新たに借金をしている時点で自力での返済はもう無理だということになります。
ですから、このような状態になってしまった場合には、なるべく早い段階で法律事務所に債務整理の相談に行っていただきたいのです。

 

債務整理の費用が払えない!

また、債務整理をするための弁護士への費用が払えないから相談には行けない、という方もいらっしゃるかと思いますが、この点に関してもほとんどの法律事務所では債務整理の費用は後払いの分割払いに対応しています。

 

そもそもお金がないから債務整理の相談に来ているわけですから、その費用が今すぐ用意できないということぐらいは法律の専門家は納得した上で相談を受けつけているのです。

債務整理の無料相談を利用する

もちろん、相談料なども無料という法律事務所もたくさんあります。
また、法テラスなどに行けばもちろん相談料は無料ですし、実際に依頼することになったとしても費用を立て替えてもらうことも可能です。
この場合も分割で費用を返していけばいいので、債務整理をした後に計画的に返していけば大丈夫です。

 

債務整理をすると…

債務整理を行うことで、借金の督促や取立てからも解放されますし、何より深刻な借金問題から解放されますから、生活の立て直しもできるようになります。
ですから、借金問題に悩んでいる方は、なにはともあれなるべく早い段階で相談をするということがとても大切なのです。

任意整理による解決

 

もし継続して返済を続けていける収入があるならば、多重債務の解決に任意整理を選択することもできます。任意整理は債権者それぞれと直接に話し合いをすることで金利や返済期間について契約を結び直すものです。この際に金利の払いすぎについて再計算を行ったり、時には債権者に金利を放棄してもらう代わりに元本を必ず返済することを約束することもあります。

 

任意整理を選んだときの難点

 

任意整理は法律の強制力を使った自己破産などとは違って、単純に債権者との話し合いで借金問題を解決する方法です。自己破産では一度の手続きですべての債務を免除してもらうことができますが、任意整理は債権者それぞれと話し合いをしなくてはいけません。多重債務の状態にあるときは債権者も複数いるので、多くの債権者それぞれと交渉をすることになり、負担や費用がそれだけ増えます。
こういった事情により、あまりに債権者の数が多い場合などは任意整理よりも自己破産などを勧められる場合があります。任意整理と違って自己破産は自分の財産を処分することになるため、慎重な検討が必要になるでしょう。効率が悪くても任意整理をして地道に返済をするか、一度自己破産して早めに再スタートをきるのかを選択することになります。